読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奨(しょう)とキプルツヤクワガタ

国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、医療に携わる者として何かできる事がないのかと思案している看護師の方もいるでしょう。



現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、看護師は常に求められているのです。

当然ですが、海外では医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語を話せることが絶対条件になります。

本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、積極的に英語を学ぶようにして下さい。
入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子持ちの看護師からするとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。

ある程度の年齢までなら数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。ですから、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も多数存在するようです。


ちょっと前までは疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、ここ最近になって男性看護師の割合も増加しています。

実際の看護の現場では、患者を移動指せる時や入浴を補助したりと、すさまじく力のいる仕事も多く、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。
年収については、女性の場合と一緒ですが、産休や育休がないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。



看護師の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。

料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。
しかしながら、近年では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかも知れません。
特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのは物悲しく思えますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。医療に関わる職種の中でも看護師という職業は「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、他の仕事と同様に、労働者の権利を訴えるような組織がなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にすさまじく不利益となるようなことも起こりかねません。看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇う側の立場の人間が、ちゃんと考えてくれることが大事だというのは当然の事実です。


看護師の不足は社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。

原因は様々ですが、その一つとして看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。



近年、看護師の医療行為が解禁されたことで仕事量が増加し勤務時間も長くなってしまい、休みを取ることも難しいのが現状です。


勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に看護師を退職する人も珍しくありません。看護師は給料が高いという印象があるものです。医療現場は責任(地位が高くなると、その分、大きく重く圧し掛かってくることも多いでしょう)の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など厳しい仕事も多いですが、別の業種の給料と比較してみると平均的に高水準を維持できることが特質として挙げられます。

また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師はメリットの多い職業だと言えます。

一般的に見ると看護師として働くことは大変ハードだと認識され、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。

二交代制の病院勤務の一例を挙げると、途中で休憩をとることはとるのですが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。こういった長時間労働の現実も看護師という仕事が過酷であると考えられるワケだと言えるでしょう。